テレビからの情報は侮れないブログ

フジテレビが大好き!テレビが大好き!

● 貧乏揺すりも悪くない



貧乏揺すりとは、座っている時に足を上下に揺らす行動の事を言います。

僕はたまに貧乏揺すりをする。フジテレビ好きな僕は、「ホンマでっか!?TV」が特に好きで、その「ホンマでっか」の先生は、実は貧乏揺すりは体に良いって言った。
それは、どういうことでしょうか!

   フジテレビ

元々「貧乏揺すり」とは、昔の貧しい人が寒さや空腹で震えていた様子に由来するという説があり、貧乏揺すりをしていると落ち着きがなく、行儀が悪いと考えられています。

しかし、この貧乏揺すりが実は体に良いという事が知られています。(フジテレビのホンマでっか情報)

例えば長時間イスに座っていると血の流れが滞ってしまうんだけど、貧乏揺すりをする事で、筋肉を動かし血流が良くなるので、むくみを解消させる効果があります。
そしてむくみも解消されるので足やせ効果にもつながります。

あとは貧乏揺すりをする事でセロトニンという平常心を保とうとする物質が分泌され、無意識にストレスを解消につながります。

しかし体に良いからといって、他の人の前で堂々と貧乏揺すりを行う事は、印象が悪くなってしまうのでオススメ出来ませんが、ある程度一人で自由に動ける場所で、貧乏揺すりをする事は、血行改善やストレス発散効果があるのでオススメです。

正直、僕はテレビっ子だから、仕事が終わってテレビの前にいる時間が長い。また、うちにはフジテレビNEXTsmart | スカパー!オンデマンドがあるので、スポーツ番組やライブを見放題から、もう本当の意味でフジテレビから目が離せない!(笑)
だから、テレビを見ながら、貧乏揺すりをしてもいいかな~って…(笑)

もし本当に血行が気になる人は、やはり温足浴やマッサージといった治療の方が間違いないけど、体を動かす事で健康には良いので、人を不快にさせないようにバレない程度で行えば、体にも良いので、健康面で考えると悪くないのかなーって思ってしまう。

ストレスが原因で貧乏揺すりをしているとしたらストレス解消をする事で貧乏揺すりをやめる事が出来るので、ガムを噛むとか、スポーツをするなどでストレス解消をする事で、貧乏揺すりを意識的にやめる事が出来るかもしれない。

ついでに血行改善やストレス発散を考えたら、温泉旅行なんかもいいんじゃないかなーって思う。温泉で温かいお湯に入ったら全身の血行も改善されるし、癒されること間違いなし。

やはり貧乏揺すりは嫌がられる癖なので、貧乏揺すりが多い人は、他の血行改善方法や、ストレス改善方法を試してみましょう!

この前、彼女にフジテレビ大好きのくせに、何てフジテレビの番組を見ながらイライラすんの?って聞かれた。要する、僕はフジテレビを見ながら貧乏揺すりをしてるから、イラついてるって思われたらしい!(笑)



● 一生遊んで暮らしたい



毎日毎日、お金の心配をしながら生活を送る事は本当につらい。

ストレスに晒されながら先の見えない未来に向かって仕事をしている。疲れ切ったサラリーマンは多分仕事を辞めて遊んで暮らしたいなんて事を、定期的に考えてしまっているんじゃないかなーって思う。

  4125450239.jpg

総務省の家計調査による全国全世帯の消費支出平均は月24万7223円(平成23年度)。
25歳から定年65歳までの支出を合計すると単純計算で1億1866万7040円という事となる。

つまりこれらの計算から考えると約1億5000万円程度あれば、とりあえず一生食うには困らないというけど、恐らく1億5000万円が実際にあった場合、あっという間に使ってしまって、65歳どころか下手すれば10年も持たないと思う。(笑)

だから25歳に1億5000万円を手にした場合は、35歳位にはほぼ全額無くなるんじゃないかなーって思う。

しかし銀行の定期預金では利息は0.1%程度らしく、1億5000万円を預けっぱなしにした場合、利子所得は年15万円。
そこから税金を引くと月平均1万円程度を受け取れる事になるという…

1億5000万円も貯金しても利息が年間15万って結構ガッカリじゃないですか?
利息って大して付かないんだなーって改めて思った。

1億5000万円で15万って事は、150万の貯金なら利息は年間1500円!?

こう考えたらもし仮に1億5000万円もあったとしたら、銀行に預けても。大した利息は得られないので、例えば不動産投資なんかで7000万円程度の物件を、キャッシュで購入し年利回り6%で運用すれば年間420万円の収入が得られる。

所得税や固定資産税、社会保険料、物件の修繕費などを差し引いても、安定的に月25万円程度の収入を得られる計算になります。

月1万円の銀行の利息を考えると、不動産投資の方がいいのかなーって思う。

まー当たるはずもないビッグでも買いながら夢でも見るかっ!(笑)



● 第3のチーズ



ビールや発泡酒よりも低価格な事で、市場でも売り上げを伸ばしている「第3のビール」。
値段も安く味もかなりビールに近い事から普通にビールの様に飲まれている「第3のビール」、市場でのシェアも、値段が安いという事もありかなりシェアを伸ばしている。

  1434.jpg

最近では牛乳や豆乳に次ぐ「第3のミルク」として存在感を増しているアーモンドミルク。
このアーモンドミルクはビタミンEが豊富だという事で、美容効果も認められていて、女性を中心に注目を浴びている。

次に「第3の朝食」と呼ばれているのがシリアルの一種のグラノーラ。
こちらはご飯、パンに次いで朝食の新たなメニューとして注目されている。

このように最近では様々な「第3の」商品が台頭してきていて、そんな中で近年注目を集めているのがナチュラルチーズ、プロセスチーズに次ぐ「第3のチーズ」。

これはチーズの主成分のひとつである乳脂肪の代わりに植物油脂を使ったチーズの代替素材で、通常のチーズ(ナチュラルチーズ)に比べると、コレステロールが少ないのが特徴的だ。

海外では既にこのヘルシーさが注目を浴びていてかなり広まっているが、最近では日本でもこの「第3のチーズ」が「スティリーノ」という名称で発売されている。
「スティリーノ」は通常のチーズに比べ、コレステロールが最大95%も少ないんです!

食の欧米化が進む日本においてはチーズの消費量が大幅に増えていて、そんな中で健康への意識が高い人たちから、コレステロールの少ない『第3のチーズ』が、注目されているみたいです。

ナチュラルチーズと違って冷めても固まりにくい事もあって、最近では宅配ピザ業者や外食産業などでも使われているそうです。

しかもヘルシーさだけではなく、ナチュラルチーズよりも3割ほど安いという…

これは流行りそうな予感!



● 年をとると耳毛が伸びるのはなぜか?



おじいさんとかで耳毛が出ている人を見かけるけど、これは誰でも生えるものなんでしょうか?

人間の体毛、眉毛、まつ毛、鼻毛などが属する「剛毛」と、頭髪が属する「長毛」、さらにわき毛や陰毛など思春期に生える「性毛」に分類されていて、耳毛はこのうち「剛毛」に属する体毛になるそうです。

  3362.jpg

しかしこの耳毛はいったい何の為に生えているのだろうか?

基本的に人間の体は大事なところを体毛で守るように出来ていて、耳のように穴があいている場所は、どうしてもゴミやほこりが溜りやすくなるので、それを防ぐ役割で毛が生えるみたいです。

そして冬場などには保温効果にもなるとも言われています。

そしてこの耳毛は、若いうちは目立たなくても年を取ると、男女を問わず誰もが耳の中に体毛が生えてくると言われています。

こうした剛毛に属する体毛は、思春期以降、年齢が上がってくるにつれて、どんどん太く長くなる性質を持っていると言います。

年を取ったおじいちゃんの耳毛が目立つのはこの加齢によって、毛が太くなってくる事が原因みたいです。

鼻毛なども子どもの時は大して気にならないけど、大人になってからは毛も太くなって鼻から出てたら目立つので、まめな手入れが必要になります。

耳毛もこれと同じで、毛が太くなる要因の一つとしては、やはり男性ホルモンの影響があると言われています。

鼻毛もそうだけど、耳から毛が飛び出していたら一気にガッカリされるので、お手入れをする事が身だしなみとして必要かもしれない。

一応耳毛カッターなる美容器具は売っているみたいなんだけど、なかなか使いこなせる自信が無いので、鼻毛カッターの方が耳もやれそうな気がするけど、一体みんなはどうやって処理しているんだろうか?

床屋とかでは耳毛の処理もやってくれるらしいんだけど、多分美容室ではやっていない気がする。

まー鼻毛カッターかな…
僕も毛が硬いので、耳毛が出ないように気をつけよう!



● ナッツ類はダイエットの味方?



僕はフジテレビが好きで、毎日ほとんどフジテレビしか見てないと思う。
最近、フジテレビのバイキングにはまって毎日録画をしている。バイキングの腸揉みや腸活という腸を元気にする方法をやって、腸を元気にしようと思っている。

それにプラス口に入れるものにも気をつけたいので、ナッツ類がいいと聞いたことがある。

   

アーモンドやくるみ、落花生などのナッツ類が体に良いのは知られているが、実は健康面だけではなく、美容面やダイエットにも効果的だという話も良く聞く。

しかし意外に油分が多くてカロリーも高いイメージのナッツ類だけど、実際はどうなんでしょうか?

アーモンドやナッツを食間のおやつに食べると、血糖値の上昇度合いを抑えられる事が海外の大学の研究結果で判明しています。

実際に午前と午後のおやつに43gのアーモンドを食べたグループと食べていないグループを比較したところ、食べたグループは血糖値の上昇度合いが、抑えられていたという結果が出たそうです。

血糖値は、血液内に含まれるブドウ糖の値の事で、血糖値は上がり過ぎても下がり過ぎても、体には良くなくて、ごはんやパスタ、スイーツなどから糖質を摂取すると、体内で分解されてブドウ糖になります。

このブドウ糖は生活に必要なエネルギー源なんだけど、糖質を摂取しすぎると血糖値が急上昇し、血糖値を下げる為に、体内でインスリンが大量に分泌されて、血中のブドウ糖が中性脂肪として溜め込まれるそうです。

この血糖値の上昇を、食間にアーモンドを食べる事で抑えられるというので、血糖値が気になる人には健康面でもオススメの食材という事になります。

この他のデータでは、ナッツを多く食べている人は、ほとんど食べていない人に比べて、メタボリックシンドロームの発症率が低い事もアメリカの大学の研究でわかっています。

しかもその比率は32%も低かったというので、約1.5倍の差がある事がわかります。

おそらくナッツを食べる事で食欲が抑えられ、しかも血糖値の上昇が抑えられて、脂肪を溜めこまないという、血糖値と食欲、両方に効果がある事がわかります。

そしてナッツに含まれる栄養素であるオメガ3脂肪酸が、動脈硬化や心臓病の予防に効果があると言われていて、健康維持に有効なファイトケミカルも豊富に含まれているので、健康やダイエットが気になる人はナッツを食べましょう~♪